2018年11月11日

矢野の方



ご無沙汰さまの矢野でごんす。

矢野の方は今、12月の15日16日に上演されます
Jean-Paul Sartre 恭しき娼婦
に演出で参加しておりますのよ。

最近は日記をめっきり書いていませんでしたので
書きますw


今日は稽古の参加者が激少なくて
本日より初参加してくれたターザンボーイズの山田くんには
大変申し訳のない状態でした。

44403.jpg
数年ぶりに山田君(右)とは会いました。

44404.jpg

まぁ、たっぷりと村田さんと石神くんのお稽古がお陰で出来ましたw

同じサルトルでも「出口無し」と違って
今回の恭しき娼婦は割とフリーハンドなお芝居です。

動きで決めたい部分さえ完成出来たら
後は都度、役者のその時の動きの流れで立ち位置が変わっても良い!
って感じです。

360度、周りに観客が居ても良いお芝居です。
次回はそんな小屋でやりたいな!とまだ本番も迎えてないのに
思う矢野ですた。

詳細情報は下↓をクリックしてね(o^^o)
Jean-Paul Sartre 恭しき娼婦


posted by ピポパ at 18:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。